カルティエ宝石

カルティエ
1847年にルイ・フランソワ・カルティエがアドルフ・ピカールのアトリエを譲り受けたときから、始まりました。当時宝飾品といえばシルバーもしくはゴールドが当たり前だった時代にいち早くプラチナを貴金属として利用したことでも有名です。

王族御用達として名を馳せてきたカルティエはジュエリー、時計、レザーグッズなど数々のクリエイションを世に送り出し、今もなお世界中の人々を魅了し続けています。


買取ページ

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

35