グッチ買取案内

 

販売ページはこちら

 

 

グッチ(GUCCI) 【財布・バッグを中心に買取いたします。】 ※店頭買取のみ

 

 

 

グッチのバッグ(トートバッグ、ショルダーバッグ他)
GUCCI製品買取強化いたします。

 

使用に問題のない傷や汚れが有る、古い商品、箱や付属品が揃っていなくても大丈夫。
最新モデル、定番人気モデル以外も新品・中古問わず地域密着で高価買取り頑張ります!
是非当店へお持ち下さい。1点1点大切に査定いたします。査定料キャンセル料は一切無料です。お気軽にご相談下さい。

 

 

最新モデル、定番人気モデル以外も新品・中古問わず地域密着で高価買取り頑張ります!

 

 

 

■ダブルGマーク

 

 

グッチの頭文字である「G」を2つ掛け合わせたダブルGマークがグッチの象徴です。
このダブルGのマークを見れば、グッチの商品だと一目でわかります。
ダブルGマークによって、世界一流ブランドに成長することができたといっても過言ではありません。規則正しく敷き詰められたダブルGマークには、気品が漂い、一流ブランドの品格があり、多くの人を魅了します。

 

 

■グッチの起源

 

グッチの創業者グッチオ・グッチは、1881年イタリア・フィレンツェに生まれました。
彼の実家では、馬具の製造を行っていましたが、家業が倒産した為に、若くして故郷イタリアからイギリス・ロンドンに移り住むことになったのです。当時のロンドンは、貴族達が多く住むとても華やかな街でした。グッチ氏はホテルで下働きをしながら、イギリス貴族が好む洋服からデザイン、色使い、素材など様々なことを学びます。ホテルでの下働きを終えたグッチは、故郷であるフィレンツェに戻り、1921年に会社を立ち上げます。それが「GUCCI(グッチ)」です。
現在では、様々な製品を手掛けるグッチですが、創立当初は、小規模な旅行用カバン(ラゲージ)と馬具の製造を行っていました。フィレンツェ最高の皮職人達が創り出す革製品は、その品質の高さから大好評を呼び、一気に高級ブランドとしての地位を確立します。

 

 

 

■著名人にも愛され世界的なブランドへ

 

1960年代に入ると、新規店舗をオープンし、グッチは世界中の主要都市で成功していきます。
この頃、オードリー・ヘップバーンや、グレース・ケリー、ピーター・セラーズといった世界のセレブ達に愛され、グッチは世界が憧れる一流ブランドになりました。
1966年にはグレース・ケリーの為に、グッチはその後のブランドアイコンとなる「フローラシルクスカーフを」作成しました。また、ジャッキー・ケネディがグッチのショルダーバッグを愛用し、現在そのバッグは1999年に再登場し、「ジャッキーバッグ」などの名前で知られており、クラシカルでモダンなグッチ定番アイテムとして人気が再燃しています。
1970年代に入り、アジアへの新規店舗をオープンさせました。
アルド・グッチ(2代目)の代でグッチは、資産960億、支店の数は500店舗にまで成長しました。グッチが世界的な富とステータスのシンボルになったのはアルド・グッチの功績と言っても良いでしょう。
しかし、この頃からグッチ一族内部では、2代目アルド・グッチの専制的なやり方を快く思わない血族も出てきます。これが後のグッチが深刻な経営の危機に陥る原因になります。

 

 

■深刻な経営危機

 

高級ブランドとしての地位を築いたグッチでしたが、1980年代になると、血族間での覇権争いによるスキャンダルや、不況のあおりに加え、「GG」マークが入った塩化ビニール製品が大量生産されたことによって、ブランドとしての希少価値が失われてしまいました。
これらの複数の理由が重なった結果、グッチは深刻な経営危機に陥ります。その結果、株式のほぼ全てをInvestcorp社に売却しています。

 

 

■新生グッチの誕生

 

グッチを救ったのは、2人の人物。
1人目は、1989年に副社長兼クリエイティブディレクターに就任した、ドーン・メロー。市場に溢れ過ぎてしまった商品から種類を絞り、伝統的なバッグに現代的な要素を加えて発表すると、世界的な話題になり、グッチに再び経営改善の兆しが指します。

 

 

■世界の頂点への返り咲き

 

2人目は、1994年にクリエイティブディレクターに就任した、トム・フォード。
それまでのグッチの製品の要素を巧みに再構築して、時代にフィットした製品を次々と産み出していきました。1995年には、トム・フォード初の本格的新作発表会が、ミラノコレクションで大成功を収めます。
その後も、数々の賞を獲得し、世界で最も注目されるデザイナーとして高い評価を得ます。トム・フォードの活躍によりグッチは倒産の危機から見事に「世界最高の人気を誇るブランド」の1つとしての復活を完全に遂げました。これら一連のトム・フォードによるグッチの再生劇は、「トム・フォード・シンドローム」と評す人もいる程、業界に圧倒的な影響を与えました。

 

 

■グッチのライン

 

 

オールドグッチライン
オールドグッチラインは具体的にこれという製品があるわけではなく、1970年代から1980年代あたりのグッチ一族が経営していた時代のグッチ製品を指します。特定の装飾具はなく、モダンでアンティーク、レトロなデザインが特徴です。年季のあるラインでありながらも、今もなお、マニアからは高い人気があります。

ジャッキーライン
ジャッキーという名前の由来は、ジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領夫人のジャクリーヌ・ケネディ・オナシスがダブルデイの編集者として働いていた時にこのバッグを常に持ち歩いており、またその姿を何度も写真に撮られたことからジャクリーヌにちなんでジャッキーという名前で呼ばれるようになりました。革新的なデザインにグッチならではの機能性と美しさが兼ね揃えられたラインで、幅広い年代から支持されています。四角形の開閉式の装飾具が特徴です。

バンブーライン
バンブーラインというのは、バッグの把手の部分が竹を折り曲げた素材で出来た製品の総称です。今では、バンブーラインは様々なカタチになり、毎年のように新製品が発表されるグッチのアイコンとなっていますが、その始まりは1947年にまで遡ります。バンブーバッグの始まりは、当時勃発した戦争により、経済制裁されたイタリアでは牛革が不足し、今ある革を少しでも減らさないように、持ち手を竹で代用したという「苦肉の策」から生まれたと言われています。苦しまぎれに生み出したバンブーバッグは、グッチの革新の歴史に大きな足跡を残したのはもちろんのこと、その新しいイノベーションは空前の大ヒットを巻き起こしました。

ソーホー SOHO
2012年のクルーズコレクションで登場以来、グッチの新しいアイコンバッグとして定着しつつあるソーホー。その特徴は、バッグ中央にエンボス加工で大きなGGマークが施されたものです。上質なカーフレザーと大胆なGGマークによって上品で高級感がありながらも、ブランドとしての存在感が際立っています。トートバッグやハンドバッグ、バックパック、ウォレットなど機能性にも優れたソーホーコレクションは、数あるグッチのラインの中でもとりわけ高い人気になっています。

GGキャンバス
創業者のグッチオ・グッチが自らの頭文字をあしらって考案した、GG柄のモノグラムは世界中で愛用されている代表素材の人気シリーズです。デザイナーの名前がモノグラムとして織り込まれたデザインは、オリジナルGGパターンが世界で初と言われています。 キャンバスとは、太い糸で蜜に織った厚地の織物の総称でグッチの中でも、軽くて丈夫かつお手入れが比較的簡単という特性を持ちますが、難点として、革などに比べてもとてもデリケートなので、水や汚れ、そして破れなどがあった場合に、修復が難しいという点です。

GGブルームス
オリジナルGGキャンバスにポリウレタン加工を施したGGスプリームキャンバスにゼラニウムのフラワープリントが鮮やかに舞うというとても優雅なデザインです。GGスプリームのシックな印象のモノグラムとのコントラストを楽しむように赤やピンク、グリーンの草花が踊っていて、ルイ・ヴィトンのモノグラムアレンジのラインにとてもよく似たラインになっています。

 

 

■高価買取ポイント!

 

 

その1:

付属品も忘れずに!

購入時の付属品を一緒にお持ち下さい。プラス査定に繋がる場合もございます。保存袋・保存箱・保証書・ギャランティカード・カデナ・ストラップ・付属のポーチ等、是非揃えてお持ち下さい。

   
その2:

お持ち込み前に簡単なお掃除を忘れずに!

素材や汚れの程度にもよりますが、掃除機で埃を取ったり、柔らかい布などで軽く拭くだけで落ちる汚れもあります。バッグの内側ポケット等も忘れずに。少し綺麗にしてお持ちいただくだけで、査定時の第一印象も良くなりますので、査定額UPにも繋がりやすくなります。

   
その3:

思い立った時が売り時です!(流行も相場も日々変動しています)

保存状態が良ければ高額査定の付く商品も中にはありますが、それは一部の希少価値の高い商品に限られます。多くの商品は時間が経過するにつれて人気がなくなり相場が下がっていきますので、使わなくなったものはできだけ早く売るようにしましょう。

 

 

 

■グッチ買取実績

 

 

主にバッグ・財布の買取相場となります。ご参考下さいませ。 ※2017年7月現在

 

 

グッチ
 
グッチ
 
グッチ
 
グッチ
タッセル
チェーンショルダーバック
 
GGキャンバス
トートバック
 
スウィング
トートバック
 
GGブルームス
コインケース
グッチ バッグ
 
グッチ バッグ
 
グッチ バッグ
 
グッチ バッグ
程度:A
¥4万円~
 
程度:A
¥2万円~
 
程度:S
¥6.5万円~
 
程度:S
¥2万円~

 

 

 

店頭にてグッチの買取を致します。

■地元兵庫を含む、各地域ブランド品の購入、質預り、買取、金・プラチナの買取、査定でご来店いただいています。

 

【兵庫県】

伊丹市、川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市、芦屋市、猪名川町、神戸市、三田市、三木市、篠山市など

【大阪府】

 

箕面市、豊中市、池田市、吹田市、能勢町など 阪神エリアを中心に
多数ご来店・ご利用いただいています。

 


 

販売ページはこちら